プロフィール

へっぽこりーのIII世

Author:へっぽこりーのIII世
ちょいエロな話題からアクセスアップ SEO対策まで、ちょっと大人の話題です
リンクフリーです
相互リンク先も募集中です

web拍手 by FC2

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
独身・フリー
267位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
22位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

アクセスアップの正攻法(1)

2012-07-01

アクセスアップの正攻法項目
(0)はじめに
(1)最初にやること(この記事です)
(2)読みやすいブログ
(3)ブログ内の回遊率を上げる
(4)リピータを作る
(5)ランキングサイトの利用
(6)一般的なタブー



(1)最初にやること

まずは色々なブログを訪問してみましょう
他の方のブログを色々と見ることで参考になることはかなりあります
また、「このサイト嫌だな」と思ったら反面教師にするのも手です

その際の効率的な方法としてタブブラウザを使用すると良いと思います
アメブロでもFC2ブログでもジャンル別ブログ一覧ページがあります
その一覧から興味があるジャンルのブログ名(リンクが貼ってある)を右クリックすると「このページを新しいタブで開く」ことができます

とりあえず10個くらいタブを開いて順番に各ページを見ていきます
PCのスペックによっては重くなるので一度に開くタブの数は調整してください
俺の場合は参考にさせていただいたお礼に「ペタ」とか「拍手」をするようにしています
「ぺた」や「拍手」は記事を書く側にとっては励みになりますからね

見ていくポイントは
・読みやすさ
です

ブログを見ていくとついつい記事を読みたくなるページがあるものです
また、デザインやテンプレートで気に入ったページも見つかります
そんなページはとりあえずブックマークしておきます

次に、何故読みたくなるページになっているか考えてみます
一般的なセオリーについては事項でお話します
良いと思ったところは積極的に真似しましょう

ブックマークしたページのうちで内容が気になるブログについては読者登録します
この読者登録の際に気をつけたいのが、「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」的に当たり構わず読者登録して相互読者の数を増やそうとする方

少なくとも、この方法では相互読者登録数を増やすのに限界があります
ブログの経験が長い方はご存知だと思いますが、業者がよく使う手なので人によってはスパムと受け取られかねません
相互読者登録してくれたとしても、あなたのブログを訪れてくれる確率はほとんどありません

読者登録の際のあいさつ文もテンプレートを作成してコピペをしないほうが無難だと思います
俺の場合は読者登録をする時には記事にコメントを入れますし、その際のあいさつ文にもブログの感想を入れておきます

今のところこの方法で100%相互読者登録していただいてますし、その後のお付き合いも続いています
要は「1000人の形だけの読者と20人の本当の読者、どちらが意味があるか」ということです


以上は最初にやっておくと良いことですが、時間に余裕があったら継続的に続けるとまた新しい発見があったりします
では、次回は「(2)読みやすいブログ」についてお話します


アクセスアップの正攻法項目
(0)はじめに
(1)最初にやること(この記事です)
(2)読みやすいブログ
(3)ブログ内の回遊率を上げる
(4)リピータを作る
(5)ランキングサイトの利用
(6)一般的なタブー



↓応援クリックありがとうございます↓
 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ ちょいエロサラリーマンへ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン  
 FC2 Blog Ranking   にほんブログ村   人気ブログランキング  blogramランキング参加中!
関連記事
スポンサーサイト

ブログ コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://0406sabu.blog.fc2.com/tb.php/921-702b445b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

スポンサードリンク

カスタム検索

ランキング

スポンサードリンク

カスタム検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。