プロフィール

へっぽこりーのIII世

Author:へっぽこりーのIII世
ちょいエロな話題からアクセスアップ SEO対策まで、ちょっと大人の話題です
リンクフリーです
相互リンク先も募集中です

web拍手 by FC2

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
独身・フリー
364位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

野菊の如き君なりき

2011-11-24

ここんとこ昭和の映画ばかり見に行ってるへっぽこです

今回はこれ
$へっぽこな日々-ipodfile.jpg
野菊の如き君なりき(1955年 監督:木下惠介)
もちろんモノクロです

原作は伊藤左千夫の小説です

1981年には松田聖子さん主演で「野菊の墓」として映画化されたほか、何回もテレビドラマや映画、舞台になっています

古い映画なので映像は傷ついて見にくいところがあったり雑音がひどかったりしますが、見ているうちに物語に引き込まれて気にならなくなりました

15歳の少年・斎藤政夫と2歳年上の従姉・民子との淡い恋を描く。この作品の舞台となったのは、千葉県松戸市矢切付近であり、同地区には伊藤左千夫の門人である土屋文明の筆になる野菊の墓文学碑がある。また、矢切の渡しは、政夫と民子の最後の別れの場となった所である。
(Wikipediaより抜粋)


今の時代では女性が2歳年上というカップルは珍しくないですが、当時はそれだけで中傷のネタになったみたいです

なんせ「セカンドバージン」なんて17歳差ですからね
しかも熟女ブームとか言ってるし

まぁ恋愛については本人達次第なので自由なのが一番良いんですけどね

映画の中でかなり老けたおばあさんが「わしも60になって」ってセリフを言うんですけど、今は60歳の女性に「おばあちゃん」なんて言ったら張り倒されますからね

60歳くらいだとまだまだ元気が溢れてますし

そんな所にも時代の流れを感じました
関連記事
スポンサーサイト

へっぽこな日常 コメント: 7 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

この記事にコメントする

1. 無題

2011-11-23 チャン [URL]

昔の映画っち結構 面白いですよね(^_^)
古風のとことかがいいですよね(^.^)
コメありがとです(^_^)確かに 出来立ての餅は美味しいですよね(^.^)

編集

2. Re:無題

2011-11-23 へっぽこshine [URL]

=チャンさん=
それも映画館のでっかいスクリーンだと更に
良いですよ^^

編集

3. 無題

2011-11-23 宇宙の帝王 [URL]

なんか、昔の映画って渋そうw

編集

4. 無題

2011-11-23 はちみつ映画館 [URL]

昭和の映画好きっすよね~ww

でも、見出したら面白いでしょうね☆

ほんで、熟女は、恋愛対象には、無理ですww

でも、色んな人いてますもんね~・・・

編集

5. Re:無題

2011-11-23 へっぽこshine [URL]

=はちみつ映画館さん=
熟女でも綺麗なひとが
たくさんいますからね^^

編集

6. Re:無題

2011-11-23 へっぽこshine [URL]

=宇宙の帝王さん=
渋いよ~w
それに劇場じゃなかったら見にくいかも

編集

7. 無題

2011-11-24 はちみつガール [URL]

ほんとですよね~60歳でも、まだまた若いですもんね~☆

うちのお婆ちゃんも、80歳位ですが、めっちゃ元気です☆階段もスイスイ登りますよ~(*^^*)

映画、古さ満開ですね~ww

編集






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://0406sabu.blog.fc2.com/tb.php/516-dda396dc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

スポンサードリンク

カスタム検索

ランキング

スポンサードリンク

カスタム検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。