FC2ブログ
プロフィール

へっぽこりーのIII世

Author:へっぽこりーのIII世
ちょいエロな話題からアクセスアップ SEO対策まで、ちょっと大人の話題です
リンクフリーです
相互リンク先も募集中です

web拍手 by FC2

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
独身・フリー
266位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
22位
アクセスランキングを見る>>

アクセスアップの正攻法(5)

2012-07-05

アクセスアップの正攻法項目
(0)はじめに
(1)最初にやること
(2)読みやすいブログ
(3)ブログ内の回遊率を上げる
(4)リピータを作る
(5)ランキングサイトの利用(この記事です)
(6)一般的なタブー



(5)ランキングサイトの利用
ランキングサイトに登録するのはSEO対策でも効果のある方法として知られていますが、そこにもひと工夫してみます
ランキングサイトへのバナーはなかなか踏んでもらえないものですが、自分のブログの露出を上げるという利点もあります
「クリックされやすい」方法についてはまだ試行錯誤の段階なんですけどね

①ランキングサイトの選択
ランキングサイトの中には登録してあると「あしあと」がつくものがあります
(例 blogram等)
「あしあと」がついていると、お返しが期待できます
(ちょっとせこいかな?w)

②ランキングサイトのジャンルの選択
ランキングサイトには複数のジャンルが登録できるものがあります
この場合は2つのジャンルに登録します
ひとつは参加人数の少ないジャンル
ひとつは参加人数の比較的多いジャンル

ランキングサイトはランキングが高いと、そこからのアクセスが期待できます
参加人数の少ないジャンルでランキングを上げ、それにつられて参加人数の多いジャンルのランキングが高くなるのを期待します
参加人数の多いジャンルについては適宜変更してください
概ね10位程度に入っていれば効果は期待できると思います

③ランキングサイトのリンクの貼り方
ランキングサイトへのリンクはブログ本体の上と本文の下に設置します
俺は同じバナーが複数あると威圧感が増すのでバナーの大きさを変えてみたり、ひとつはテキストにしたりとリンクの種類は変えています
設置してもほとんどクリックされることはありませんが、1回のクリックでかなりランキングが上がるものです

ランキングサイトへのバナーはブログの配色に合ったものにします
以前GoogleAdsenseのセミナーに参加したのですが、そこでの説明も
「アフェリエイトリンクは目立たせようとして奇抜なものにすると逆にクリックされにくい」
とのことでした
ランキングサイトのバナーも同じことが言えると思います

参考:ある月の本家サイト(ずんどこでへっぽこな日々)のGoogleAnalytics解析結果
(参照元)
googleanalyticsアクセス解析002
参照元項目の説明
これはブログの参照元(リンク元)のテーブルです
1の「(direct)/(none)」はブックマークからや直接URLを入力した場合
2と3の「google/organic」「yahoo/organic」はgoogleやyahooの検索ページからのリンク
4はアメブロのマイページからのリンク(たぶん相互読者の方)
5はアメブロの「ついたぺた」からのリンク
689はランキングサイトからのリンク
7はアメブロのプロフィールページからのリンク
です


以上ですが、ランキングサイトからのアクセスは意外にあります
いくつか登録しておいた方がよいと思います
(参考ですが、本家サイトで登録しているのはblogram 人気ブログランキング にほんブログ村 の三箇所です)
次回は意外とやりがちな(6)一般的なタブーについてお話します


アクセスアップの正攻法項目
(0)はじめに
(1)最初にやること
(2)読みやすいブログ
(3)ブログ内の回遊率を上げる
(4)リピータを作る
(5)ランキングサイトの利用(この記事です)
(6)一般的なタブー



↓応援クリックありがとうございます↓
 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ ちょいエロサラリーマンへ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン  
 FC2 Blog Ranking   にほんブログ村   人気ブログランキング  blogramランキング参加中!
関連記事

ブログ コメント: 0 トラックバック: 0

アクセスアップの正攻法(6)

2012-07-06

アクセスアップの正攻法項目
(0)はじめに
(1)最初にやること
(2)読みやすいブログ
(3)ブログ内の回遊率を上げる
(4)リピータを作る
(5)ランキングサイトの利用
(6)一般的なタブー(この記事です)



(6)一般的なタブー
これから書くのは一般的にサイトやブログではやらない方が良いと言われている項目についてです
ブログは個人で楽しむものですから絶対にやってはいけないということではありませんが、他人に読んでもらうのであれば気をつけた方が良いと思います

①アフェリエイトの広告
・アフェリエイトの広告の量が多すぎる
・アフェリエイトの広告が目立ちすぎる
これはかなり直帰率が上がります
ましてやアフェリエイトの広告しかないサイトでは二度目以降の訪問はまず望めません

アフェリエイト広告が本文の一番上に置いてあるサイトも直帰率が上がります
訪問者はブログを読みに来ているので、その視線の動線の途中にあるものは無視されがちです
最終位置に置いた方が良いと思います

②Flashが多用してある
以前はよくサイトでも見かけたのですが、FLASHは重くなる場合が多いので嫌われる傾向にあります
自作のFLASHの場合は再生を中断できるボタンを設置した方が良いです
PCのスペックは様々なので自分のPCでは快適に表示できても、それを過信しないほうが無難です

③JavaScript
よくJavaScriptでマウスポインタを変更したりキャラクターをページ内で動かしたりしているのを見かけますが、意外にこれも嫌われます
ブラウザによっては正しく表示されなかったり、ページが重くなる原因にもなります

④音楽・動画の自動再生
これもよくあることですがブログを表示する環境はそれぞれです
真夜中に見ている時に音が自動再生されるとそこで離脱する可能性は高くなります
音楽も動画も再生ボタンで再生するようにした方が無難です

⑤ブログパーツの多用
これもサイトが重くなる原因です
また、ブログパーツの配置によってはブログのデザインが著しく損なわれることもあります

⑥画像が多すぎる
これもサイトが重くなります
ひとつのページで多くの画像を使う場合は小さめのサムネイルからリンクして大きい画像が見れるようにした方が良いと思います

⑦GIFアニメがなんか動きまくってる
これもありがちですね
しかしGIFアニメが動いていると、そこに注意がいって文章に集中しにくいものです
また、個人的な意見ですがプロフィール画像がフラッシュするものは目がチカチカするのですぐに離脱したくなります

※ブラウザでGoogleChoromeを使用できるのであれば、タスクマネージャを使って自分のサイトが他のサイトと比較して重くないか比較してみることができます
自分のPCで表示してみるのは自分のサイトがキャッシュに残ってたりするので参考になりにくいですよ


以上ですが、先に書いたようにこれは不特定多数の読者を相手にする場合にやらないほうが良い事項です
仲間内だけで楽しむのであれば、この限りではないと思います

※追加
どの項目にも当てはまらなかったのでここに書きます
HOW TO物の記事もアクセス数を上げるのに効果的ですよ

アクセスアップのためのタイトルの付け方についてはSEO対策を含めて別の機会にお話しようと思います 


アクセスアップの正攻法項目
(0)はじめに
(1)最初にやること
(2)読みやすいブログ
(3)ブログ内の回遊率を上げる
(4)リピータを作る
(5)ランキングサイトの利用
(6)一般的なタブー(この記事です)



↓応援クリックありがとうございます↓
 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ ちょいエロサラリーマンへ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン  
 FC2 Blog Ranking   にほんブログ村   人気ブログランキング  blogramランキング参加中!
関連記事

ブログ コメント: 0 トラックバック: 0

< 前ページ ホーム

スポンサードリンク

カスタム検索

ランキング

スポンサードリンク

カスタム検索